AGAの検査の種類

AGAの検査は一般的には遺伝子検査と診察検査に分けられます。
前者の遺伝子検査はAGAを発症しやすい遺伝子かどうかを検査するものです。遺伝子検査の結果はAGA対策の薬であるフィナステリドが効く体質であるかどうかの判断材料としても利用できます。
遺伝子検査のメリットは病院でもできますが、検査キットを使って自分で、自宅できる点です。インターネットで簡単に注文できるので、手軽なAGA検査方法として近年注目されています。
ただ、このAGA検査を勘違いしている方が多いのではっきりといっておきますが、自宅で行えるAGA検査キットでは今現在AGAを発症しているかどうかは判断できません。あくまでAGAになりやすい体質かどうか、フィナステリドが効く体質であるかどうかを見ることができるだけです。
それでも、自己判断の材料にはなるので、多くの方に重宝されています。

 

AGAを医師による検査で判断する

病院やAGA専門クリニックで医師による診断でAGAかどうかを診てもらうことも可能です。可能というか、むしろこちらが正統的で正しい判断になるかと思います。
病院でAGA検査を受けるメリットはやはりAGAを発症しているかどうかが正確に診断できることと、専門家によるアドバイスや治療、薬の処方などをしてもらえるところです。病院の装置によっては頭皮の状況を目で見て判断することもできますし、AGA以外の原因による脱毛である場合も治療ができる点です。
病院で処方される治療薬はインターネットや医薬品販売店でも買うことはできますが、知識がない方や副作用を考えるとややリスキーです。しかし、病院で処方してもらえば、事前に診断もするわけですから、不安は少ないです。ただ、気をつけたいのはAGA治療は保険適応外なので、料金を確認しておくことです。
病院検査のデメリットはやはりやや高いことと、病院によっては治療内容に違いがあるところです。一般病院の治療は現状維持が基本で、専門クリニックは発毛が目的なので、できれば専門クリニックを選びたいところです。

おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
チャップアップ
チャップアップは育毛剤とサプリメントがセットになっています。育毛剤の褐藻エキスM-034で成長サイクルを改善し、ノコギリヤシ配合のサプリメントでAGAに対抗します。DHTを抑制して薄毛を防止する製品です。

公式サイトへ


M-1育毛ミスト
M-1育毛ミスト
育毛剤のド定番M-1育毛ミスト。長年売れ続けるには、確かな実績の証。他の育毛剤との併用も可能なので初心者の方から支持も高い育毛剤です。インターネットなどでも紹介が非常に多く2014年も注目の育毛剤といっていいでしょう。

公式サイトへ


ブブカ
ブブカ
ブブカは今日本で最も人気がある育毛剤です。オウゴンエキスがDHTを抑制するので、毛根を活性化させて育毛促進に繋がります。無添加なので刺激も少なく、どなたでも安心して使えることも人気の秘密です。

公式サイトへ