AGA治療薬の代表プロペシア

プロペシアは男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)になってしまう5αリダクターゼを阻害してAGA対策ができる薬です。AGAの治療薬としては主流となっているものですが、メリットもある代わりにデメリットもあります。
まず、プロペシアには副作用があります。性欲減退などがあるのですが、症状は一般的には軽いとはいえ、副作用はときに厳しく感じられ、気持ちの負担になるかと思います。
さらに、プロペシアは毎日服用しなければなりません。服用をやめるとAGAは再進行していきますでの、やめるにやめられないかと思います。しかも、副作用も続くわけです。使用開始初期には脱毛も目立ちます。これもデメリットといえばそうですが、これは単に抜け落ちるべき毛髪が抜けただけなのであまり心配はいりません。
ほかには少数ながら、プロペシアが効かない人もいます。

 

プロペシアが効かない人

プロペシアはAGAには効果的な治療薬ですが、残念ながらわずかながら効かない体質の方などもいます。原因は解明されていませんが、10%くらいの人がプロペシアの効果は得られないようです。
どんな方が効かないのでしょうか。
まず、頭皮環境がすでにかなり悪い場合はプロペシアの効果は得られにくいです。例えば、頭皮が硬いとか、ストレスを感じやすい方はいくらプロペシアを使用しても髪の毛を抜けやすくしてしまいます。それから慢性的に睡眠不足の方も厳しいかもしれません。
プロペシア服用者の中にそもそもAGAでない方もいます。AGAはDHTが影響する薄毛の症状ですが、プロペシアはDHTが関わらない脱毛症には効果がないのです。ご自身の判断でAGAだと決めつけている方に多い傾向ですので、やはり医師の診断を受けてから判断したいところです。
それから、男性ホルモンの影響で薄毛に悩む女性も少なくないですが、プロペシアは基本的に女性は使用できません。特に妊娠している女性の場合は、体内で成長する胎児が男の子だとDHTが生殖器を形成するために必要なので、プロペシアは悪影響を及ぼす可能性が高くなり、生殖器障害を持った男児が産まれてしまう場合があるのです。ですので、妊娠中の女性はプロペシアに触れることすら危険とされているほどです。そもそも女性にはプロペシアは効果がほとんど見られないとされているくらいですので、女性は絶対に使ってはいけません。

おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
チャップアップ
チャップアップは育毛剤とサプリメントがセットになっています。育毛剤の褐藻エキスM-034で成長サイクルを改善し、ノコギリヤシ配合のサプリメントでAGAに対抗します。DHTを抑制して薄毛を防止する製品です。

公式サイトへ


M-1育毛ミスト
M-1育毛ミスト
育毛剤のド定番M-1育毛ミスト。長年売れ続けるには、確かな実績の証。他の育毛剤との併用も可能なので初心者の方から支持も高い育毛剤です。インターネットなどでも紹介が非常に多く2014年も注目の育毛剤といっていいでしょう。

公式サイトへ


ブブカ
ブブカ
ブブカは今日本で最も人気がある育毛剤です。オウゴンエキスがDHTを抑制するので、毛根を活性化させて育毛促進に繋がります。無添加なので刺激も少なく、どなたでも安心して使えることも人気の秘密です。

公式サイトへ