ミノキシジルは日本でも簡単に手に入る

AGAに見られる脱毛や薄毛などへの対処として使用される成分にミノキシジルがあります。このミノキシジルとは一体どんなものなのでしょうか。
ミノキシジルは1960年代には製薬会社のアップジョンによって開発された成分です。これは開発当時の社名で、現在はファイザー製薬ですので、誰でも耳にしたことのある名前でしょう。開発当初は血管を広げる作用が注目されており、高血圧の経口薬として登場しました。その後、毛細血管にも血液を送れることからAGAにも効くことがわかり、1980年代にAGAの治療用の薬として「ロゲイン」を開発し、販売しました。「ロゲイン」は2%のミノキシジルが含有された外用溶液です。発売当初は内服薬でしたが副作用が発見され、頭部に塗布する液状の外用薬となっています。日本でもミノキシジルを含んだ製品があり、大正製薬が販売しています、
ただ、本来の用途は高血圧治療の血管拡張薬ですから、使用時には注意が必要です。

 

報告されているミノキシジルの副作用

元々は高血圧治療の血管拡張薬だったミノキシジルには副作用があると報告されています。
多くの方が体験する副作用のひとつに頭皮のかゆみがあります。ロゲインなどの外用薬に入っている基剤成分のプロピレングリコールは多くの方がアレルギー反応を示し、そのため、頭皮にかゆみを感じるのです。ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こる場合があるとされ、特に日焼けした頭皮にそれらと併用すると過剰摂取が起こるようです。
それから、血管拡張薬だったわけですから、多量のミノキシジルを摂り入れると逆に低血圧になる可能性があるという報告もあります。
ミノキシジルは使用中は脱毛を止める効果が高いとされています。ただ、使用をストップするとすぐにAGAが進行再開するようです。ですので、やめ時などのタイミングを見ることも必要ですし、ミノキシジルを使用する場合は様々な注意が必要で、場合によっては専門家や医師に相談するべきです。

おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
チャップアップ
チャップアップは育毛剤とサプリメントがセットになっています。育毛剤の褐藻エキスM-034で成長サイクルを改善し、ノコギリヤシ配合のサプリメントでAGAに対抗します。DHTを抑制して薄毛を防止する製品です。

公式サイトへ


M-1育毛ミスト
M-1育毛ミスト
育毛剤のド定番M-1育毛ミスト。長年売れ続けるには、確かな実績の証。他の育毛剤との併用も可能なので初心者の方から支持も高い育毛剤です。インターネットなどでも紹介が非常に多く2014年も注目の育毛剤といっていいでしょう。

公式サイトへ


ブブカ
ブブカ
ブブカは今日本で最も人気がある育毛剤です。オウゴンエキスがDHTを抑制するので、毛根を活性化させて育毛促進に繋がります。無添加なので刺激も少なく、どなたでも安心して使えることも人気の秘密です。

公式サイトへ