安価なジェネリックでAGA対策は可能なのか?

まずジェネリックとはなにかを知っておきましょう。
ジェネリックとは、ジェネリック医薬品のことを指します。日本語では後発医薬品といいます。医薬品はその成分を開発した製薬会社などが特許を申請し、特許が有効な間に独占的に高く販売し、開発にかかった費用などを回収します。医薬品の特許には物質特許、製法特許、用途特許、製剤特許の4種類があり、その中の有効成分にかかっている物質特許が切れたものを開発社以外の医薬品会社が製造し始めることもあります。この薬がジェネリックと呼ばれます。
この特許に関する約束は基本的には全世界で共通の認識ですが、ごく一部の国では特許そのものを無視している国もあります。最も知られた国ではインドがあります。インドは他国の特許を一切無視しているので、多くの国から非難を浴びています。医薬品も例外ではなく、特許が有効なものまで無断で製薬し、しかも安価に販売しています。残念ながら、不当なジェネリックであると知っていながら、その安さの誘惑に負けてインド製のジェネリックを利用している人は非常に多いのです。

 

AGA治療のジェネリックで最も知られたもの

AGA治療のジェネリックで最も知られたものではプロペシアの後発であるフィンペシアがあります。
プロペシアは脱毛の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑える成分であるフィナステリドが入った薬です。プロペシアはアメリカのメーカーに特許があります。
対するフィンペシアはプロペシアのジェネリックです。これはインド製で、プロペシアと同じフィナステリドが含有され、効果はプロペシアと同等です。そして、効果が同等でありながら、価格は4分の1から10分の1程度と非常に安価です。そうなると、どうしてもフィンペシアに手が出てしまう人というのは少なくありません。一般的にオリジナルとジェネリックではオリジナルの方が性能がよく、少なくともジェネリックがオリジナルを上回ることはありません。ですが、人によってはジェネリックの方が効くこともあり、一概にどちらがいいともいえないのも事実です。
ただ、フィンペシアはコーティング剤に日本では認めらていないキノリンイエローが使用されていて、一部の研究者から発ガン性物質であると指摘されています。ですので、安い分リスクがあります。フィンペシアを選ぶ人が多い中、値が高くてもプロペシアを選ぶ人も決して少なくありません。

おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
チャップアップ
チャップアップは育毛剤とサプリメントがセットになっています。育毛剤の褐藻エキスM-034で成長サイクルを改善し、ノコギリヤシ配合のサプリメントでAGAに対抗します。DHTを抑制して薄毛を防止する製品です。

公式サイトへ


M-1育毛ミスト
M-1育毛ミスト
育毛剤のド定番M-1育毛ミスト。長年売れ続けるには、確かな実績の証。他の育毛剤との併用も可能なので初心者の方から支持も高い育毛剤です。インターネットなどでも紹介が非常に多く2014年も注目の育毛剤といっていいでしょう。

公式サイトへ


ブブカ
ブブカ
ブブカは今日本で最も人気がある育毛剤です。オウゴンエキスがDHTを抑制するので、毛根を活性化させて育毛促進に繋がります。無添加なので刺激も少なく、どなたでも安心して使えることも人気の秘密です。

公式サイトへ