シャンプーの影響を受けるAGA

髪の毛の生え際がかゆいという方は実は決して少なくないです。そして、これがAGAの前兆ともなります。もちろんAGAは男性ホルモンが関係した薄毛の症状ですから、シャンプーがAGAを引き起こすというわけではなく、AGAを含んだ薄毛の前兆であるという意味です。
薄毛の兆候としての生え際のかゆみ発生要因の中で最もよくあるのはシャンプーやリンスなどの化学合成品が残っていて、段々かゆくなるというものです。髪の毛をシャンプーしたあと、シャワーを頭頂部分からかけてすすぐのは普通の洗い方だと思います。頭頂からお湯を流すと重力で下の方に落ちていくので、なんとなくしっかりとすすいだ気持ちになりますね。ところが、頭頂辺りのシャンプーなどは生え際に残っているのです。生え際もしっかり擦らないことには、実はシャンプーはしっかり流れていないのです。そして日々、それが溜まってきて生え際がかゆくなってしまうのです。
これが生え際がかゆいということがAGAを含めた薄毛全体の原因となります。

 

AGAの対策としてのシャンプー

正しいシャンプー方法を身につけることはAGA対策になります。頭皮を清潔にすることで男性ホルモンなどで過剰分泌される皮脂などを洗い落とすのです。また、額の生え際は洗顔時の洗顔料まで残りやすい場所であり、不潔になりがちです。額の生え際にかゆみを感じたら薄毛の原因の兆候と捉えましょう。しっかりとすすぐだけで十分にAGA対策になります。
正しいシャンプーの仕方をしっかりと憶えましょう。髪を十分に濡らして水分を与えてから、手につけた適量のシャンプーを髪の毛に塗ります。決して爪を立てず、指の腹でマッサージするように洗いましょう。すすぎも生え際までしっかりと、いつもの2倍から3倍の水量で流すつもりですすぎます。乾燥もある程度水分をタオルで吸い取ってからドライヤーします。
今時の市販シャンプーはシリコンや界面活性剤が含有されていて、化学合成品そのものといっていいでしょう。ネットやこだわりのある方は天然素材だけでできた、いわゆるオーガニックなシャンプーを推奨する人も多いです。よくわかりませんが、きっといいものに違いはありません。だからといって、100%正しいともいえません。というのは、肌の質は個人差が大きいですから、必ずしも化学合成品が悪いわけではありません。ご自身の頭皮に合ったものを選べば、市販品でも十分なのです。どんなシャンプーであれ、正しい使い方で生え際に汚れやシャンプーそのものが残らないように常に注意してすすげば、それだけでAGA対策になります。

おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
チャップアップ
チャップアップは育毛剤とサプリメントがセットになっています。育毛剤の褐藻エキスM-034で成長サイクルを改善し、ノコギリヤシ配合のサプリメントでAGAに対抗します。DHTを抑制して薄毛を防止する製品です。

公式サイトへ


M-1育毛ミスト
M-1育毛ミスト
育毛剤のド定番M-1育毛ミスト。長年売れ続けるには、確かな実績の証。他の育毛剤との併用も可能なので初心者の方から支持も高い育毛剤です。インターネットなどでも紹介が非常に多く2014年も注目の育毛剤といっていいでしょう。

公式サイトへ


ブブカ
ブブカ
ブブカは今日本で最も人気がある育毛剤です。オウゴンエキスがDHTを抑制するので、毛根を活性化させて育毛促進に繋がります。無添加なので刺激も少なく、どなたでも安心して使えることも人気の秘密です。

公式サイトへ