AGAが襟足にも出ることがある?

一般的にAGAは額から頭頂部にかけて、つまり前頭部によく発生するといわれています。その周辺の頭皮や毛細血管に男性ホルモンが多く分泌されていて、酵素と結びつくことで髪の毛の成長を妨げる原因となるDHTに変化するのです。
そのため、一般的には側頭部や襟足にはその症状は見られないとはいわれています。しかし、当然ながら人によっては側頭部などにも男性ホルモンがDHTに変化して薄毛や抜け毛などAGAの症状が見られることもあります。襟足も同様ですが、側頭部も含めてこの周辺に薄毛が目立ち始めたら皮膚の疾患も考えられるので、医師に相談することをオススメします。

 

AGAが襟足にあまり出ないことを利用した治療方法

AGA対策の技術が飛躍的に進歩した現在、自毛移植という方法が登場しています。これは襟足の後頭部が男性ホルモンにあまり影響されない性質を利用した手法で、後頭部の毛根を前頭部や頭頂部に移植する手術です。移植された後頭部の毛根は前頭部に移植されたあとでも後頭部の性質を保ち続けることがわかっており、男性ホルモンが多い前頭部においてもDHTの影響をほとんど受けません。そのため、元々あった前頭部の髪の毛が男性ホルモンの影響で抜け始めたり、細く短い毛ばかりになっても、後頭部から移植した髪の毛の本数が十分であれば、見た目には薄毛はわかりづらくなります。
この自毛移植は自分の髪の毛を使うわけですから、当然ながら拒絶反応はありません。育毛剤や治療法によっては一時的であれ副作用やかゆみ、初期には脱毛の症状が見られたりするのですが、この手法ではそれがないのは非常に魅力的です。
このように同じ頭部でも場所によってはDHTの影響を受けず、AGAになりにくい箇所もあります。ただ、100%出ないわけではありませんし、出にくい場所にAGAの症状が見られた場合は別の病気の可能性もあるので、特に側頭部や襟足が薄くなり始めたら要注意です。

おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
チャップアップ
チャップアップは育毛剤とサプリメントがセットになっています。育毛剤の褐藻エキスM-034で成長サイクルを改善し、ノコギリヤシ配合のサプリメントでAGAに対抗します。DHTを抑制して薄毛を防止する製品です。

公式サイトへ


M-1育毛ミスト
M-1育毛ミスト
育毛剤のド定番M-1育毛ミスト。長年売れ続けるには、確かな実績の証。他の育毛剤との併用も可能なので初心者の方から支持も高い育毛剤です。インターネットなどでも紹介が非常に多く2014年も注目の育毛剤といっていいでしょう。

公式サイトへ


ブブカ
ブブカ
ブブカは今日本で最も人気がある育毛剤です。オウゴンエキスがDHTを抑制するので、毛根を活性化させて育毛促進に繋がります。無添加なので刺激も少なく、どなたでも安心して使えることも人気の秘密です。

公式サイトへ