まずはAGAについて理解する

AGAは薄毛に悩む日本人男性の9割が悩まされている症状です。AGAについて正しく理解しておくことは薄毛の問題に対処するための基本です。AGAがどんなものかわかって初めて対策が検討できるのです。
AGAはAndroGenetic Alopeciaの略で、日本語の「男性型脱毛症」に当たります。特に男性に見られる髪が薄くなる症状で、早い人では10代から見られ、男性全般に起こりうる症状です。AGAは一般的には遺伝性ともいわれ、男性ホルモンが原因となって発症します。AGAが発症した薄毛の部位には男性ホルモンが2型5αリダクターゼという酵素に影響されて発生したDHT(ジヒドロテストステロン)が多く検出されます。このDHTが毛根に作用して成長因子を阻害することで髪の毛の成長を根元から妨げています。
髪の毛の成長が妨げられると、正常な髪の毛の成長サイクルが極端に短くなって、髪の毛が長く太く成長しません。細い髪の毛はすぐに抜けてしまいます。また、かろうじて残ったとしても短い不健康な髪しか出現せず、健康な髪と比べて隙間が増えてしまいます。
通常でも健康な髪の毛は抜け替わっていくものです。これがDHTの影響で成長期間が短くなり、新しい髪の毛の成長サイクルが抜ける本数に追いつかずに薄毛が進行しますし、特にAGAの場合は新しい髪の毛も太く育っていないので、全体的に細く短い髪の毛が増加してしまっており、本数は十分にあっても隙間が多くて薄く見えてしまいます。
これがAGAの概要です。

 

AGAは注意していないとあっという間に進行する

AGAは頭頂や額の生え際に多いです。というのは、男性ホルモンと2型5αリダクターゼが前頭部に多く、DHTが高濃度で発生します。額の生え際が後退し始めたときは内部でAGAがかなり進行していると思った方がいいです。DHTが成長因子に悪影響を及ぼし始めたのはずっと前なわけですから、もし生え際の後退や頭頂の髪の毛に薄さを感じたら、そのときこそがAGA対策を始めるタイミングです。ここを逃すと、AGAは確実に進行していますから、進行スピードに予防や対策が追いつきません。
AGAは中年以上の年代には頻繁に起こるもので、友人同士の会話でAGAについて話し合うこともよくあります。しかし、AGAは高校生くらいの10代でも目立ち始める人もいますから、年代に関わらず生え際や頭頂の薄毛に気づいたらすぐに育毛などの対策を始めましょう。AGAは放っておくとどんどん進行します。初期の段階に毛根に栄養を与えるなどすれば、成長サイクルを正常な状態に戻せる可能性が高いのです。自分は大丈夫と放置していると髪の毛はどんどんと失われていきます。投資と同じように、AGA対策は時間がキーポイントになりますので、とにかく早め早めの行動を心がけましょう。

おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
チャップアップ
チャップアップは育毛剤とサプリメントがセットになっています。育毛剤の褐藻エキスM-034で成長サイクルを改善し、ノコギリヤシ配合のサプリメントでAGAに対抗します。DHTを抑制して薄毛を防止する製品です。

公式サイトへ


M-1育毛ミスト
M-1育毛ミスト
育毛剤のド定番M-1育毛ミスト。長年売れ続けるには、確かな実績の証。他の育毛剤との併用も可能なので初心者の方から支持も高い育毛剤です。インターネットなどでも紹介が非常に多く2014年も注目の育毛剤といっていいでしょう。

公式サイトへ


ブブカ
ブブカ
ブブカは今日本で最も人気がある育毛剤です。オウゴンエキスがDHTを抑制するので、毛根を活性化させて育毛促進に繋がります。無添加なので刺激も少なく、どなたでも安心して使えることも人気の秘密です。

公式サイトへ