AGA治療に使える治療薬は少し強めの薬

AGAの予防や対策に使われる治療薬は大きく分けて経口薬と塗布薬になります。代表的な成分で見ると経口薬ではプロペシア、塗布薬ではミノキシジルがあります。実はAGAなどの薄毛や脱毛の治療薬は現在でもそれほど種類はありません。

 

まず、プロペシアはDHT(ジヒドロテストステロン)を抑える成分が含有された経口薬で、アメリカのメーカーが開発した薬です。このDHTを抑える成分というのはフィナステリドというもので、プロペシア自体はやや高価です。そのためか、医薬品の特許に関して特殊な環境にあるインドが、同じフィナステリドを使用した経口薬でフィンペシアというものを生産し、日本でも多く出回っています。フィンペシアはコーティング剤に日本では認めらていない成分が使用されていて、それに発がん性があるともいわれていて安い分リスクがあります。ですので、値段が高くなってもプロペシアを選ぶ人もいます。

 

ミノキシジルはすでに1960年代には開発されていた薬で、当初は高血圧患者のための血管を拡張する経口薬として使用されていました。しかし、1980年代になってAGAにも効果があることがわかって、治療薬「ロゲイン」が販売されました。日本でも大正製薬がミノキシジルを含んだ製品を販売しています。

 

副作用に注意しなければなりません

プロペシアやミノキシジルには副作用があるので、注意が必要です。
プロペシアの副作用は眠気や性欲減退、頭痛や腹痛、胃の不快感、下痢、かゆみやじんましん、さらには頻尿などが報告されており、どれも日常生活に支障をきたす可能性のある症状ばかりです。

 

ミノキシジルは多くの方に含有されている基剤が肌に合わないためにかゆみが起こることがあると報告されています。また、本来の用途は高血圧患者の血管拡張薬ですから、塗布薬とはいっても場合によっては鼓動が早まったりする場合もあるようです。

 

とはいえ、副作用の症状は軽い状態で終わることがほとんどだそうで、決してハイリスクなものではないです。ただし、間違いなく安全な治療薬であるともいえませんので、必ず同封される使用上の注意をよく読み、ケースによっては医師に相談しながら利用するようにするべきです。

おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
チャップアップ
チャップアップは育毛剤とサプリメントがセットになっています。育毛剤の褐藻エキスM-034で成長サイクルを改善し、ノコギリヤシ配合のサプリメントでAGAに対抗します。DHTを抑制して薄毛を防止する製品です。

公式サイトへ


M-1育毛ミスト
M-1育毛ミスト
育毛剤のド定番M-1育毛ミスト。長年売れ続けるには、確かな実績の証。他の育毛剤との併用も可能なので初心者の方から支持も高い育毛剤です。インターネットなどでも紹介が非常に多く2014年も注目の育毛剤といっていいでしょう。

公式サイトへ


ブブカ
ブブカ
ブブカは今日本で最も人気がある育毛剤です。オウゴンエキスがDHTを抑制するので、毛根を活性化させて育毛促進に繋がります。無添加なので刺激も少なく、どなたでも安心して使えることも人気の秘密です。

公式サイトへ