抜け毛が気になり始めたらクリニックや育毛剤でAGA対策

おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
チャップアップ
チャップアップは育毛剤とサプリメントがセットになっています。育毛剤の褐藻エキスM-034で成長サイクルを改善し、ノコギリヤシ配合のサプリメントでAGAに対抗します。DHTを抑制して薄毛を防止する製品です。

公式サイトへ


M-1育毛ミスト
M-1育毛ミスト
育毛剤のド定番M-1育毛ミスト。長年売れ続けるには、確かな実績の証。他の育毛剤との併用も可能なので初心者の方から支持も高い育毛剤です。インターネットなどでも紹介が非常に多く2014年も注目の育毛剤といっていいでしょう。

公式サイトへ


ブブカ
ブブカ
ブブカは今日本で最も人気がある育毛剤です。オウゴンエキスがDHTを抑制するので、毛根を活性化させて育毛促進に繋がります。無添加なので刺激も少なく、どなたでも安心して使えることも人気の秘密です。

公式サイトへ

AGAの基礎知識記事一覧

AGAの治療に使用する薬は経口薬と育毛剤のような塗布薬に分かれます。実はAGAなど薄毛対策の薬というのは何十種類もあるわけではなく、代表的なところでは経口薬のプロペシアと塗布薬のミノキシジルに分かれます。経口薬のプロペシアはDHT(ジヒドロテストステロン)を抑える成分であるフィナステリドが入っています。プロペシアはアメリカのメーカーに特許があるのですが、価格的に高価になるためジェネリックのフィンペ...

AGA対策には育毛剤などで外部から栄養を与える方法と病院やクリニックで治療する方法があります。それぞれにそれぞれが要する期間が違い、効果が出るまでに時間がかかります。例えば、一般的な育毛促進の行動として市販の育毛剤を使って外部から栄養を頭皮や毛根に与えるものがありますが、これは4ヶ月から6ヶ月は時間を要します。しかも、この期間はその育毛剤が使用者の頭皮に合っているかどうかがわかるもので、実際にAG...

AGAは薄毛に悩む日本人男性の9割が悩まされている症状です。AGAについて正しく理解しておくことは薄毛の問題に対処するための基本です。AGAがどんなものかわかって初めて対策が検討できるのです。AGAはAndroGenetic Alopeciaの略で、日本語の「男性型脱毛症」に当たります。特に男性に見られる髪が薄くなる症状で、早い人では10代から見られ、男性全般に起こりうる症状です。AGAは一般的に...

クリニックで医学的にAGAの治療をするとそれなりに費用がかかります。ですが、それは一般クリニックと専門クリニックで料金は大きく違ってきます。一般クリニックはいわゆる現状維持で、あくまで今の生え際の位置をキープすることを目的に薬などが処方されます。薬は主にプロペシアであることが多いです。ですので、一般クリニックでは毛はふさふさに戻るということはまずありません。もし一般クリニックで毛が再生したとしたら...

AGAに向いた病院とは?AGAなど頭髪の脱毛や薄毛を医学的に治療してくれる病院は日本に多数あります。善し悪しはどこにでもあるものですが、ことAGAなどの薄毛に関しては一般病院とAGA専門病院では大きく異なります。一般病院でのAGA治療はこれ以上薄毛にならないように対処するもので、診察も適当ですし、効果判定などもなければ、処方される薬の種類も少ないです。逆に専門病院は発毛を目的に治療を進めるので、一...

AGAの予防や対策に使われる治療薬は大きく分けて経口薬と塗布薬になります。代表的な成分で見ると経口薬ではプロペシア、塗布薬ではミノキシジルがあります。実はAGAなどの薄毛や脱毛の治療薬は現在でもそれほど種類はありません。まず、プロペシアはDHT(ジヒドロテストステロン)を抑える成分が含有された経口薬で、アメリカのメーカーが開発した薬です。このDHTを抑える成分というのはフィナステリドというもので、...

AGAは男性ホルモンが原因のひとつになっています。男性ホルモンが髪の毛の成長を妨げる物質を作る酵素と結びつくことから薄毛が始まります。特にその影響は額の生え際から頭頂にかけての前頭部に強いといわれています。太くて強い髪を育てるサイクルが崩れ、AGAが進行するのです。薄毛の原因はいくつかありますが、特にAGAは男性ホルモンが影響しているので、対策のキーワードとして、よく理解しておきましょう。男性ホル...

DHTとはジヒドロテストステロン(DiHydroTestosterone)のことで、男性ホルモンの一種といっていいでしょう。男性ホルモンのうちのテストステロンが5αリダクターゼ酵素と結びつき、DHTに変換されます。そして、このDHTが毛根に作用して髪の毛の成長を妨げ、成長サイクルが狂ってしまった髪は細かったり短いものしかできず、さらに抜け毛サイクルも早まって、新しい髪の毛の生え替わりのサイクルより...

AGAにデメリットはあるのでしょうか。さすがにメリットはないにしても、大きなデメリットといえばやはり外見に問題が出てくる点ではないでしょうか。もちろんこれは個人差もありますし、本人の捉え方にも寄ります。薄毛によってダンディといわれるようになる男性もいますし、愛嬌が出て人気が出る方もいるでしょう。逆に薄毛を自分の欠点だと捉えてしまえば、どれもこれもがダメに見えてしまいます。AGAの方で、特に若い方だ...

一般的にAGAは額から頭頂部にかけて、つまり前頭部によく発生するといわれています。その周辺の頭皮や毛細血管に男性ホルモンが多く分泌されていて、酵素と結びつくことで髪の毛の成長を妨げる原因となるDHTに変化するのです。そのため、一般的には側頭部や襟足にはその症状は見られないとはいわれています。しかし、当然ながら人によっては側頭部などにも男性ホルモンがDHTに変化して薄毛や抜け毛などAGAの症状が見ら...

AGAは自力で治せるのでしょうか。決してできないとは言い切れませんが、非常に困難であることは想像に難くありません。はたして自力といえるかどうかはわかりませんが、市販の育毛剤などを利用することもひとつの自力の手段です。デメリットとしては時間がかかることで、最短でも4ヶ月から半年くらいは使い続けないと、効果が見え始めません。しかし、なにもしないよりはまだいいのかと思います。本当に自力という意味では、健...

AGAは男性ホルモンが変化したDHTが影響して起こる薄毛の症状なのはすでにご存知の通りです。男性ホルモンが影響しているので、男性により多く見られます。薄毛で悩む男性の9割が実はAGAであるといわれるほど多いものです。ただ、非常に誤解を生みやすいのは、男性ホルモンが原因となった薄毛やAGAは男性だけに起こるわけではなく、女性にも発生します。男性では10代の若いころから発生するケースもありますが、女性...

薄毛で悩む男性の多くに見られるのがAGAです。中年以上になると男性だけでなく女性でも薄毛の悩みが出てきますし、男性では10代からAGAが始まる人もいます。このAGAはご存知のように男性ホルモンが深く関わっているので、これが集まりやすいとされる額周辺の前頭部が特に多いです。血液中にある男性ホルモンが2型5αリダクターゼという酵素と結合することでDHT(ジヒドロテストステロン)に変化するわけですが、髪...

髪の毛の生え際がかゆいという方は実は決して少なくないです。そして、これがAGAの前兆ともなります。もちろんAGAは男性ホルモンが関係した薄毛の症状ですから、シャンプーがAGAを引き起こすというわけではなく、AGAを含んだ薄毛の前兆であるという意味です。薄毛の兆候としての生え際のかゆみ発生要因の中で最もよくあるのはシャンプーやリンスなどの化学合成品が残っていて、段々かゆくなるというものです。髪の毛を...

はっきり申し上げればそんなわけはないですね。AGAは男性ホルモンがDHTに変化して毛根に悪さをして現れる症状ですから、筋トレでDHTをどうにかできるものではありません。ただ、顔のシワなどの対策に筋トレやリンパ腺マッサージは有効で、その効果が頭皮全体をよくすることもあるので、そういう意味では効果がないわけでもないのです。皮膚は真皮層や皮下脂肪、角質層などでできあがっています。ご存知のように皮膚の下に...